プシュケー(乳酸菌酵母共棲培養エキス)

大切なのは腸内環境のバランス

お腹の調子を整え、免疫力に貢献

医学博士・周東寛先生ご推薦

免疫力には、乳酸菌酵母共棲から生み出される分泌物が大切

人の腸には約100 〜120 種類、約100 兆個の細菌が住みついていると言われています。 その中には、腸内を 酸性にし、外からの有害な菌をやっつけてくれたり、免疫力を高めてくれる細菌、例えば乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌があります。一方、腸内を腐敗させたり、発がん物質や 有害物質を 作り出して下痢や便秘を引き起こす、大腸菌やブドウ球菌 などの悪玉菌があります。

バランスのとれた腸内では、善玉菌が免疫力により悪玉菌のはたらきを日々抑え込む仕組 みにより、様々な不調・病気から身を守ってくれているのですが、腸内環境はストレスなどから善玉菌と悪玉菌の勢力が簡単に入れ替わってしまいます。

何となくお腹の調子が悪い時に、ヨーグルトや乳酸菌飲料などで善玉菌を補うと調子が回復するのはこのためです。
しかし、この善玉菌たちは定住できず 排泄されてしまいます。
「プシュケー」のように、もともと自身のお腹に住みついている善玉菌へ栄養剤を与え活性化することが、腸内バランスや免疫力にとって、何にもまして大切なことだと考えます。

医学博士・周東寛先生

健康のカギはお腹です

16種の乳酸菌と24種の酵母を共棲培養した分泌エキス…プシュケーで腸内常在有益菌にスタミナ補給で活性化。

熟成エキスが腸の健康を保ちます

人間の腸内には、有益菌と有害菌を合わせると100種100兆個の細菌が棲み、それぞれに活動しています。
有益菌には、よく知られているビフィズス菌などの乳酸菌族があり、一方、有害菌には、腸内で腐敗物質や毒素をつくる
ブドウ球菌やウェルシュ菌などがあります。この有害菌たちは、人間が健康を保っているうちはおとなしいのですが、
少しでも体の抵抗力が衰えると、とたんに増殖します。そして人間の健康は、これら細菌たちによって左右されているのです。

プシュケーは、健康に役立つ16種類の乳酸菌と24種類の酵母を共棲培養し、その分泌液を濃縮抽出しました。このエキスは、
一般の乳酸菌飲料のような生菌を利用したものではありませんから、複雑な生理の胃腸内でも、温度や時間、環境などの
制限をうけることがありません。プシュケーでお腹の健康を保ち、いつも元気な笑顔で快適な生活を。

ニンニク無臭栄養成分でパワーアップ

プシュケーは、16種の乳酸菌と24種の酵母に、ニンニクの栄養主成分であり、臭いの心配がまったく要らないサチヴァミン複合体を 加えて、共棲培養しています。そうすることによって栄養分が豊富になるだけでなく、有益菌がパワーアップするのです。

共棲培養で力をつける

腸内では、乳酸菌は酵母の分泌物の助けを借りて繁殖し、酵母菌もまた乳酸菌の分泌物の助けを借りて繁殖していきます。 この共存共栄の関係を大切に、生きた菌体そのものではなく双方の菌体成分に着目して開発されたのが「プシュケー」です。 腸内を有益菌優勢にするために、有益菌のエサともいうべき、双方の分泌物を届けてあげる。 こうすることで、元来そこに棲んでいた乳酸菌や酵母菌を繁殖させ、人間本来がもつ一人一人の自己治癒力を応援します。

商品画像

善玉菌への栄養補給

健康の基本は悪玉菌を駆逐し腸内を浄化して、善玉菌を活性化することにあります。
腸がきれいになると血液がきれいになり、血液がきれいになれば、色々な栄養素が全身の器官や細胞のすみずみまで行き渡り、活力を与え、若返らせることができるのです。

この腸内浄化と微生物活性化の大役を担っているのが「乳酸菌」であり、「酵母菌」なのです。

私は、この不思議なエネルギーを秘めた乳酸菌と酵母菌の働きに着目し、研究を進めた結果、乳酸菌16種類と酵母菌24種類を共棲培養し、それに細胞賦活作用のあるサチヴァミン複合体(ニンニクの無臭栄養主成分)を与え、その分泌液を抽出することに成功したのです。

プシュケー・表彰状

開発者・小牧久時博士

プシュケーの購入はこちら